PDF、変換、分割、作成、編集、印刷、圧縮などに関する簡単ナビ

投稿日:

PDFファイル閲覧ソフトのダウンロード

PDFを閲覧するためにはAdboe Readerというソフトが必要です。こちらのソフト自体は無料で提供されていますので、Adobe社の公式ホームページにアクセスしてダウンロードして入手します。
Adobe の公式ホームページ:https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/about-adobe-pdf.html

 

 

 

PDFファイルをエクセル、ワード、パワーポイントに変換するには

PDFファイルをエクセルやワードなどのオフィスに変換することができますが、セキュリティが設定されているかで異なります。作成者がセキュリティを設定することができ、設定がないとワードやエクセルに変換することが可能です。設定において「内容のコピー」や「ページの抽出」項目などが「許可しない」になっていると、データなどの抽出が行えず処理できません。

 

 

エクセルファイルをPDFに変換するには

エクセルをPDFに変換するには、まずファイル名を決定します。メニューで「エクセルブック」になっているのを確認すると、メニューから「PDF」を選択し、ファイルの種類がPDFになったことを確認してから「保存」のボタンを押すと変換することが可能です。他の様式からも変換することもでき、ボタンを押すだけで簡単に変換することができます。

 

 

PDFファイルを分割するには

PDFファイルを分割するには、まず文書のメニューから「ページ分割」をクリックします。次に分割する内容を選択し、ページ単位やデータ容量などから分割内容を選ぶことが可能です。「出力オプション」では出力した後のファイル名を指定することができ、分割をスタートすると指定した内容によって分割されます。分割することにより好きなページを得ることが可能です。

 

 

PDFファイルをJPGに変換するには

PDFファイルをJPGに変換することが可能です。PDFファイルを開き、次にファイルを選択し、その他の形式で保存を選びましょう。画像、JPEGを選ぶと保存することができます。その他にもいろいろな機能を利用することができるので、自分の好きなようにアレンジすることが可能です。いろいろな媒体に変換することができます。

 

 

PDFファイルの保存方法について

PDFファイルを保存するには「Heads Up Display」ツールバーを使って「ファイルを保存」をクリックします。コピーを作成するにはファイル・名前を付けて保存を選択します。アクセシブルなテキストとして保存するなら、ファイル・名前を付けて保存・テキストを選択すると良いでしょう。簡単に保存することができ、文書を共有することが可能です。変換することで印刷崩れなどもなく適切な状態を維持できます。

 

PDFファイルの編集・作成方法について

PDFファイルには文字や画像・挿入(タッチアップ)などを行うことが可能です。注釈を加えることができたり、いろいろな種類があるのでテキストを重ねることで図形や画像を描くことができます。作成者がフォームを設定していると、受領者はフォームに文字を記入することができ、別々に作成したファイルを結合したり、ページを入れ替えるような編集も可能です。

 

PDFファイルを1つにまとめるには

PDFファイルを一つにまとめるには、まずアクロバットを起動してファイル・作成・ファイルを単一のPDFに結合を選択します。ファイルの結合のダイアログボックスが表示されるので、ファイルを追加から結合したいファイルを選択したり、対象となる文書をウィンドウにドラッグしドロップすると簡単に設定することが可能です。

 

PDFファイルが印刷できないトラブルについて

PDFファイルが印刷できないトラブルに関して、いくつか原因が予想されます。まず問題の原因を特定することが大切です。例えば別のファイルが印刷できるかどうか確認したり、いろいろな種類のファイルを印刷すると良いでしょう。コンピュータを再起動してみたり、プリンタメモリに問題がないか確認します。いくつか試してみると原因が分かってくるので対処することが可能です。

 

PDFファイルの圧縮について

PDFファイルを圧縮する場合、一般的に「Smallest File Size」というジョブオプションを選ぶと小さなサイズのファイルを作成することが可能です。インターネットや電子メールを使用し画面で閲覧するのに配布するファイルに変換するのに適しているのでおすすめします。圧縮することにより転送しやすくなるでしょう。

 

 

PDFファイルとは

PDFは情報の配布や交換・蓄積などを電子的に行うために利用されます。紙に印刷するのと同じページのイメージで保存することができ、ファイル形式の名前であるPortable Document Formatの頭文字を取ったものです。紙の上に印刷し表現されるデザインやレイアウトなどに関して、ほぼそのままの状態で表現することができある程度編集することができ、電子的な紙と言えるでしょう。

 

 

Copyright© まっちナビ , 2018 All Rights Reserved.