ニンテンドーのアカウント作成、保護者、修理、サポートセンターについて

投稿日:

ニンテンドーアカウントとは?作成方法は?

ニンテンドーアカウントは、任天堂の各種サービスの利用に必要となるアカウントのことです。スマホやPC、SWITCHを使用の際に必要となります。似たものに「ニンテンドーネットワークID」がありますが、こちらは3DSやWiiUで使用するものであり間違えやすいの注意してください。

アカウントの使用により「オンラインプレイ」や「eショップ」の利用、また「任天堂アプリのセーブ保存機能」「マイニンテンドー」などの利用も可能となります。

アカウントはメールアドレスさえ用意すれば簡単に作成できます。注意点として「12歳まで」の方が作成する場合には保護者のアカウントが必要になること、アカウントはスマホまたはPCからのみ作成でき、ゲーム機からはできないので気を付けましょう。

 

任天堂の修理について

任天堂製品が故障した場合、テクニカルセンターに連絡をとることで修理を受けることができます。保証期間内であれば基本は無料ですが、破損や水漏れによる故障の場合には有償となるため気を付けましょう。

まず修理の申込みを行いますが、オンラインから行うと5%の割引が受けられお得です。その後、修理品を送り任天堂側で症状の確認後、修理費用の電話確認が行なわれます。事前に修理代金の上限を知らせておけば、その範囲内の金額であれば電話連絡はありません。電話対応を避けたい場合には、上限設定をしておくことをおすすめします。最後に修理品が送られてきて修理は完了です。

あまりに古いゲーム機は修理受付が終了しているため注意してください。「WII」は大丈夫ですが「ニンテンドーDS」やそれ以前のゲーム機の修理期間は終了しています。

 

ニンテンドーのサポートセンターについて

任天堂の製品で困ったことがある場合には、サポートセンターを利用しましょう。任天堂の製品のことであれば、大抵のことは相談にのってもらえます。

サポートセンターは電話での利用が一般的ですが、メールでの問い合わせもできます。電話受付時間は「10:00~18:00」、祝日や会社設定の休日での電話対応はないため注意してください。受付開始時の10:00付近と、夕方から受付終了までの時間は混雑していることが多く繋がりにくいため、お昼ごろに電話するのがおすすめです。また人気ソフト発売直後には終日繋がりにくくなるため、気を付けてください。

サポートセンターでは、ゲーム機の修理や接続方法、ニンテンドーアカウント等の相談にのってもらえますが、ゲームの攻略法などへの対応はないので注意しましょう。

 

任天堂の保護者による機能制限とは?

子供がゲームを遊びすぎないように時間を制限する、など任天堂のゲーム機には保護者がその使用を制限するための様々な機能が搭載されています。

ニンテンドーSWITCHには「みまもり機能」という保護者向けの機能があります。子供さんが遊んだゲームソフトやそのプレイ時間を確認することや、一日に遊ぶ時間を制限し時間を超えた場合には画面上に警告を出す、または自動でゲーム機の電源を落とすこともできます。また手動で特定のソフトを遊べないように設定したり、動画・画像のSNS投稿への制限、ゲームのオンラインプレー時のコミュニケーションの制限など、各種設定が可能です。

SWITCHだけでなく、ニンテンドー3DSなど、その他ゲーム機にも同様の機能があり、遊びすぎを防止できるため保護者の方にとって安心の機能となっています。

 

任天堂 スーパーファミコンミニの内容は?

2016年に登場した「ファミコンミニ」に続いて、2017年「スーパーファミコンミニ」が発売されました。ファミコンミニでは本体だけでなく、コントローラーも小さくなっていましたが、スーパーファミコンミニでは当時の大きさのままで遊ぶことが可能です。ソフトは内蔵されているため、購入の必要はありません。最初からコントローラーが2つ付属しているので、買ってすぐに対戦などを楽しむことができます。

内蔵されたソフトは全21タイトルあり、ゼルダの伝説、スーパーマリオカート、聖剣伝説2、超魔界村など名作たちが豊富に揃っています。またスターフォックス2は当時未販売の幻の作品ともいれており、ここでのみ遊べるソフトとなっています。

Copyright© まっちナビ , 2018 All Rights Reserved.