顎関節症の原因になる。歯ぎしりの改善方法とは

今の時代、噛み合わせの悪い子供たちが増えています。それは生まれついてのものが原因となっているのでしょうか。噛み合わせが悪いと、いずれ【顎関節症】へと発展することが考えられます。
一般的に言われている【顎関節症】とはどういうものなのでしょうか。【顎が鳴る】、【顎周辺に痛みがある】、【口を大きく開けることができない】などの特徴があげられます。

 

それが顎関節症の主な症状なのです。その中でも軽い症状のものは、自然に治すことができるものがあります。ひどいものでは口を開けるのが困難であったり、口を開ける度に痛むこともあるようです。
また口を開けることが困難なため、食事を思うように摂取できなくなります。そのためメンタル的にも大きな影響を受けるでしょう。生活に支障がでるほど症状の重い方もおられるでしょう。

 

今ネットで報告されている顎関節症がおこるメカニズムには、次のような原因が関連するとされています。まず一つ目の原因としては歯ぎしりや食い縛り、カチカチと鳴らすブラキシズムが考えられています。
二つ目にはストレスが関係していると言われています。仕事や人間関係、家庭環境など生活の中で感じるストレスは測り知れません。そこから筋肉の緊張がおこり、歯ぎしりへとつながることが考えられているのです。

 

先ほど述べた【歯ぎしり】が起こることでも歯の噛み合わせは大きくずれてくるのです。最近では、間違った歯列矯正や歯科治療からも噛み合わせは悪くなりますし、歯ぎしりへと進展することが報告されています。

 

今注目されているのは、顎関節症の改善方法です。一般的に報告されている方法の中に、【スプリント】を用いた改善方法があります。これはプラスティック製のマウスピースであり、上下どちらかの歯並びに合わせて作成します。この改善方法の特徴は、就寝中のみ使うことです。昼間は食い縛りのある方のみ使うことになります。

 

最近、ネットで話題にされているものに、自分でできる改善方法があります。その中には、【市販の鎮痛剤】を使う。【急性期は冷やし慢性期は温める】こと。【何回も咀嚼しないといけないものは避ける】ことがあげられています。

 

またマッサージも効果があると報告されているようです。改善されたとしても再発もおこる可能性があります。そのためには次のことに気をつけなければなりません。日常のストレスを出来る限り無くすこと。頬杖をつかないこと。高い枕の使用を中止すること。片側の噛み癖を治すなどです。以上のことに注意して顎関節症の改善方法としてください。

 

歯ぎしりに有効なおすすめマウスピースはこちら >>